<< しょうが炒飯。 | main | 地味弁当。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

柚子こしょう肉まん。

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

05_23_1216

♡レシピブログの「和風スパイス大活躍!年末年始お役立ちレシピ」モニター参加中♡
 
01_23_1216

♡レシピブログの「和風スパイス大活躍!年末年始お役立ちレシピ」モニター参加中♡

ハウス食品さん!

レシピブログさん!

ありがとうございま〜す!


モニター当選いたしまして、めでたく我家にやってきてくれた
日本の美味しいスパイス3種。
●わさび
●しょうが
●柚子こしょう

3つ目の投稿は柚子こしょうを使って、
今の季節にほっこりできる肉まんを作ってみました。

02_23_1216



ほっこりふんわり。

柚子こしょう肉まん

05_23_1216

[材料]6〜8個分
生地
◎薄力粉…200g
◎ドライイースト…小さじ1
◎お砂糖…大さじ1
◎塩…少々(焼き上がりがサクサクに美味しくできます)
◎ぬるま湯…110ミリリットル
◎油…大さじ1

ーーーーーーーーーー

肉あん
◎ひきにく…200g
◎たまねぎ…小1個(80〜100g)
◎お酒…大さじ1
◎しょうゆ…小さじ1
◎お砂糖…小さじ1
◎お水…大さじ2
◎油…大さじ1

ーーーーーーーーーー

[作り方]
生地
1.ボウルに薄力粉、ドライイースト、グラニュー糖、塩を合わせて混ぜ、ぬるま湯を3〜4回に分けて加えながら混ぜる。

2.乾いた粉がなくなったら油を加え、さらによくこねて全体に油をなじませる。

3.生地を回転させながらよくこね、しっとりときめ細かい生地になったら丸く形を整え、ボウルに戻してぬれぶきんをかけ、室温(20〜25℃)に約1時間おいて1次発行させる。
(※手に生地が張りついてくるようになるのが目安です。ワタクシは5分ぐらいこねました)


[生地を発酵させている間に肉あんをつくります]


肉あん
1.たまねぎ(80g〜100g)を細かいみじん切りにし、500wで2分30秒加熱します。

2.ひき肉(200g)に、酒(大さじ1)、砂糖(小さじ1)、しょうゆ(小さじ1)、柚子こしょう(小さじ1)を加え、粘り気がでるまでしっかりと混ぜあわせます。

3.あら熱のとれたたまねぎを加え、さらによくまぜます。

4.最大、大さじ2までのお水を、小さじ1ずつ加え、その都度よく混ぜます。

5.最後に、油(ワタクシは白ごま油を使用しています)を大さじ1加え混ぜ、肉あんの完成です。

6.6〜8分割し、生地に肉あんを包むまでの時間冷蔵庫で休ませます。


[生地を発酵させている間に肉あんをつくります]

1.生地が2倍位にふくらんだら、手に打ち粉をつけ、生地をつぶさないようにとり出し、打ち粉を表面にまぶし、30cm位の棒状に形を整えます。

2.6〜8等分に、打ち粉をして切り口にまぶしながら丸く形作ります。

3.手のひらで軽く押しつぶしてから、めん棒で直径10cm位の円形にのばします。
このとき、中央を少し厚めに、縁は薄くのばします。

4.成形はご自由に。
ワタクシは失敗のしにくい、まんまるに成形しました。
ひだをつけてにくあんを包むと、より肉まんらしい姿になります。

[2次発酵させます]

1.クッキングペーパーを敷いたセイロに間隔をあけて並べ入れ、ふたをして20〜30分おき、少しふくらむまで、2次発酵させます。

※このとき、10センチ×10センチぐらいの正方形にクッキングシートを切り、個別にしいておくと、蒸し上がったときに取り出しやすいです。

2.たっぷりの湯を沸騰させ、セイロをのせて強火で約15分蒸します。

3.できたてほっかほかの肉まんをほおばってください。

05_23_1216

♡レシピブログの「和風スパイス大活躍!年末年始お役立ちレシピ」モニター参加中♡



和風ねりスパイスの料理レシピ
和風ねりスパイスの料理レシピ


at 13:28, hanagoromon, レシピブログ

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 13:28, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://kimagurekamon.jugem.jp/trackback/94